ニキビをぶっ潰せ

大人ニキビには乾燥対策

20代を過ぎてからできるニキビは大人ニキビと呼ばれます。

これに悩んでいる人は大勢いますが、丁寧なスキンケアをしてもなかなか効果があらわれないということも多いです。

なかなか効果があらわれない理由に、ケアの方法が間違っているということがあります。

思春期の頃と大人になってからでは、肌質が違ってきます。思春期の頃は皮脂が多く、あるていど年齢を重ねると今度は皮脂の分泌量が少なくなってきます。

オイリー肌、ドライ肌という言葉がありますが、思春期の頃はオイリー肌だった人でも、大人になるとドライ肌になるということが多いのです。

市販のニキビ用洗顔料やスキンケアアイテム、薬などは主に思春期の頃の肌質に合わせて作られています。

過剰な皮脂を取り肌をさっぱりとさせるものですから、ドライ気味になった大人の肌に使うと皮脂を取りすぎてしまうのです。

皮脂を取りすぎると、肌はさらに乾燥します。そうなると、肌を守ろうとたくさんの皮脂が分泌されます。

こうして、表面はべたつくのに内側は乾いているインナードライという状態になってしまいます。

乾燥していると皮脂を分泌するために毛穴が開きやすくなり、ここに皮脂の他にヒコリや汚れが詰まり、コメドや吹き出物の原因となるのです。

大人ニキビを改善するためには、乾燥した肌にたっぷりと潤いを与える、保水と保湿メインのスキンケアが大切です。

洗顔後に化粧水や美容液、シートマスクなどで潤いを補給し、油分の少ないクリームなどで水分を逃がさないようにフタをしましょう。